福岡の人生相談・占い・吉方位・九星気学

Menu
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2021.10.13吉方位

【吉方位⑨】注意して欲しい事もあります

さて、ここでは吉方位旅行についてお伝えすべき注意事項を。

方位は自宅を中心にしっかり測る

吉方位は八方位を、東・西・南・北を30度、その他は60度で分けています。
この時に、出来るだけ「その方位の真ん中」を目指しましょう。
境界線の際などは、隣の方位の影響も受けるのでおススメしていません。

カレンダー通りでなく旧暦(節入り)で

一般的に新年は1月1日からですが、九星気学では節分が大晦日、その翌日から新年と考えるので、カレンダー通りではありません。
また、月の始まりはカレンダーの1日からではなく、節入りのタイミングが基になります。

月の吉方位でお出掛けする際、「○月は何日からなのか。」をこの節入りで考える必要があります。

同じ年に真逆の吉方位へ行かない

年盤によっては、その年に複数の吉方位がある場合があります。

「よし、全方位行ってみよう!」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、真逆の方位は吉方位として使えません。

例えば・・・
令和4年三碧木星さんの吉方位(年)は、北・南・東南になりますが、北と南は真逆になります。その為、吉方位旅行としてのお出掛けは、北・南のどちらかに絞って下さい。
(北と東南・南と東南は大丈夫です。)

行きたい観光地がある地域でも、方位別の効果を考えてご自身が必要な運気を充電できそうな方角を選んでも良いですよ。

六白金星の位置する方位は要覚悟

六白金星は、試練を乗り越え光を放つ星。
その為、六白金星の入る方位や北西(六白金星のホームポジション)を吉方位として活用する際は、「試練を乗り越えた先の光を手にするのだ」くらいの気概が必要となるかも知れません。

例えば・・・
令和4年の年盤で見ると、六白金星の入る方位は北西。この北西が吉方位となるのは、本命星が一白水星二黒土星五黄土星になります。

※ちなみに、令和4年の方位盤は、定位盤になるので六白金星はホームポジションである北西に入ります。

北と南の定位対冲は吉方位として使えない

定位とは、定まった方位=ホームポジション(例:一白水星は北・ 九紫火星は南など)の事で、定位対冲(ていいたいちゅう)とは「定位が真逆に位置する事」を言います。

真逆は北→南・西→東・東北→西南とそれぞれありますが、一白水星が北の真逆であるに入る場合、九紫火星が南の真逆であるに位置する場合、吉方位として使えません。

注意事項をいくつか書きましたが、しっくりばこでは上記はもちろん、その他の注意やより良い吉方位旅行になる様、詳細にお伝えしております。
お気軽にご相談下さい。

「ご相談までの流れと費用」はこちら

「かくかくしかじかの記事一覧」はこちら

費用について

相談時間 相談料金
30分 5,000円(税込)
45分 6,500円(税込)
60分 8,000円(税込)
  • 都合により延長できない場合もございますので、予めご了承下さい。

「ご相談までの流れと費用」はこちら

本命星早見表|本命星をお調べになりたい方はこちら
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatebu

関連記事

プロフィール

幼い頃からの「人がわかる」感覚は、現在に至るまでに、多くの人と深く関わる事でより磨きがかかる。「やってみよう!」と思える開運方法や取り入れやすい考え方、また、気持ちがプラスになる様な伝え方は、特に女性に人気で、現在も多くのファンに支持されている。

もっと見る

ご相談までの流れと費用

ご相談、鑑定に対しての流れや費用についてご案内しております。

もっと見る

本命星早見表|本命星をお調べになりたい方はこちら

新着記事

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る