福岡の人生相談・占い・吉方位・九星気学

Menu
  • facebook
  • twitter
  • instagram
ライブに行こうか迷っています。

2020.01.06趣味

ライブに行こうか迷っています。

49歳:男性(四緑木星しろくもくせい

こんにちは。おじさんの話を聞いて下さい。
大したことではないのですが、ここ2年くらい、迷っている事があります。

私が高校生の頃、バンドブームだった事もあり、若い時はいろいろなライブへ行っていました。結婚し、時間もなくなり、好きだったバンドも解散し、ライブなんて何十年と行っていなかったのですが、昨年、自分が高校生の時に大好きだったバンドが再結成というニュースが!その日は興奮して昔の曲などを改めて聞きました。
その後、全国ツアーもしているようで、行きたい気持ちもあるのですが、新しい曲をあまり聞く機会もなく、一人で行くのも寂しいなぁと思っている間にツアーが終わってしまいます。今年も迷っている間に近くの会場のチケットはsold outしていました。 子どもらは興味がなく、妻も「一人で行ってくれば?」と・・・。
ツアーが終われば忘れるのですが、またツアーが始まったのを知るとソワソワします。
一人ででも行った方がよいのでしょうか。

「ご相談までの流れと費用」はこちら

迷わず行けよ。行けばわかる。

私の大好きなアントニオ猪木の名言です。シンプルですが、本当に名言です。
ここでアントニオ猪木を語ると、プロレスを観に行く事になりますのでまた今度・・・。

相談者さんの九星は四緑木星。相性の良い九星に三碧木星があります。この三碧木星の定位は東です。東の象意としてコンサートがあります。
「東の方位」は元気になる気を持っています。例えば、東の象意でもあるコンサートに行くと「よし、頑張ろう!」と思えるのはそういう関連もあるのではないかなぁと思います。
細かい事はさておき、コンサートはいろんな意味であなたを元気にする力があります。
是非、行って欲しいと思います。

行く事ができる「今」を大切に。

では、1つずつ解決策を考えましょう。

  1. 新しい曲知らない問題について
    ツアーまでに聞いてみてはいかがでしょう?
    実際、ツアーが始まればネットでセットリストを調べる事ができるので、ピンポイントで予習もできます。知らずに行くよりも、聞いた事があるくらいの方が楽しめると思います。
  2. 1人で行く問題について
    私の経験上、付き合いで誰かについて来てもらうライブは不完全燃焼になってしまいます。
    映画と同じで始まってしまえば「自分 対 アーティスト」。1人で行っても十分楽しめますよ。

私はブラッ●企業に、真っ白な心で真っ赤に血走った目をして勤めていた15年を除けば、毎年ライブに行っています。ライブだけでなく、歌舞伎や舞台、小さな劇場からドームまで、興味が湧いたものは観に行きます。
懐かしい曲が流れれば、心が湧き、様々な風貌に変化したお客様が、自分と同じように歌詞を笑顔で口ずさむ姿は、純粋に明日への活力をくれます。私の心も二の腕も震えます。
一度行ってみて、もう行きたくないと思えば行かなければ良いだけです。
しかしその迷いは、あなたの健康、家族の健康、アーティストの健康があってこそ成立する贅沢な迷いです。ありがたい事ではないですか。ぜひ、行ける「今」を大切に。
そして、もう一度お伝えします。「迷わず行けよ。行けばわかる。」

(2018.4月回答)

ご相談者様には実際にお会いし、ご提供いただきました生年月日等々の情報とその方がお持ちの空気感や私の経験、関係協力先からの情報、及びあらゆる感(笑)などに基づきご回答させて頂いております。

「ご相談までの流れと費用」はこちら

「かくかくしかじかの記事一覧」はこちら

費用について

相談時間 相談料金
30分 5,000円(税込)
45分 6,500円(税込)
60分 8,000円(税込)
  • 都合により延長できない場合もございますので、予めご了承下さい。

「ご相談までの流れと費用」はこちら

本命星早見表|本命星をお調べになりたい方はこちら
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatebu

関連記事

プロフィール

幼い頃からの「人がわかる」感覚は、現在に至るまでに、多くの人と深く関わる事でより磨きがかかる。「やってみよう!」と思える開運方法や取り入れやすい考え方、また、気持ちがプラスになる様な伝え方は、特に女性に人気で、現在も多くのファンに支持されている。

もっと見る

ご相談までの流れと費用

ご相談、鑑定に対しての流れや費用についてご案内しております。

もっと見る

本命星早見表|本命星をお調べになりたい方はこちら

新着記事

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る